手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

日本でエンジニアとして活躍するなら事業会社は絶対にやめたほうが良い

日本の場合、システムを導入するにあたり、SIer やコンサルなどの外部の専門企業に依頼することが多いです。裏を返せば、事業会社には自社でシステムを構築する能力がほとんどないとも言えますし、そのような事業会社はエンジニアを大事にしません。もうちょっというとエンジニアという存在を理解できていません。エンジニアは、このような事業会社のシステム部門に来ませんし、間違ってきたと思っても、すぐにやめていくでしょう。

さらに問題なのは、事業会社のシステム部門は、外向けの仕事をすることがないため、技術的な仕事をするにしても社内に閉じた仕事になります。このため、非エンジニアとのやりとりが多くなり、その閉じた世界で自分が優秀な技術者だと勘違いしてしまうのです。これは SIer のエンジニアから見ると大きな隔たりがある一方、それに忖度していれば毎年一定の受注ができるので楽ということもあるかもしれません。

まとめると、日本企業でエンジニアが集まる事業会社はかなり限られます。日本でエンジニアとして仕事をするには、やはり SIer は大きな選択肢にならざるを得ないと思います。

日本でエンジニアとして活躍するなら事業会社は絶対にやめたほうが良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る