手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

ネットワークエンジニアのキャリア

ネットワークエンジニアを続けていくにあたり、その守備範囲の選択というものがどうしても出てきます。

私の場合、ネットワークエンジニアとしての最初の仕事は Cisco ルーターの設定でした。フロント SE がまとめた要件や概要設計を確認し、適切なパラメータを決定し、設定と検証を行います。しばらくそういった業務を行った後、実際に客先に出向いて要件定義や概要設計、スケジュール調整を行うようになります。

ここで守備範囲の選択になってきます。この業界に入った当初はユーザーに相対せず、ひたすら機器に詳しい生粋のエンジニアがいいと思っていましたが、今はフロント SE になって良かったと思っています。何故なら機器固有の設定になんて興味がなくなってくるんです。その機器が面白いなんていっているのは最初だけでした。

実際に自分がやりたいことは機器を設定するのではなく、ネットワークであれば要件に基づいて適切な全体設計をすることです。機器に依存せず広い知識をフルに活用して設計していくことです。

結論として、「単に設定するのではなく、何を制御しようとしているのか目的を理解し、実現する」という考え方になるのが良いと思っています。

ネットワークエンジニアのキャリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る