手当たり次第に書くんだ

インドの青鬼は全てが濃くて深い

苦味、アルコール度数、旨み・・・全てが濃いビールです。好き嫌いが分かれると思いますが、個人的に濃い目の料理とだったら美味しく飲めそうです。

ヤッホーブルーイングで製造しており、缶にはこんな風に書いてあります。

アルコール度が高く、ホップをふんだんに使ったインディア・ペールビールは、18世紀の英国で、長く過酷なインドへの航海のために、劣化しにくいビールとして造られました。そんなルーツを持つ「インドの青鬼」は、驚愕の苦みと深いコクで飲む者を虜にします。”魔の味”を知ってしまった熱狂的ビールファンのた為のビールです。

インドの青鬼は全てが濃くて深い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る