手当たり次第に書くんだ

兄蔵

「failure」という曲らしい。一昔前のタッピングといえば、所謂ライトハンド奏法と呼ばれ、所謂速弾きの延長という印象が強かったが、現在ではこのように高い音楽性を感じさせる。ベースでのタッピングの場合、弦が太い為にギターに比べて倍音が良く発生する。また当然だがルートノートを低音に持ってこれる為、ギターよりもコードの響きがふくよかになるような気がする。エレキベースならではといったところ。尚この2ハンドのベースタッピングはスティックと奏法や考え方は一緒だ。よく言われるエレキベースはバンドで低音を支えるリズム体というのは、元々のエレキベースはそのような役割であったが、それに捕われ続けるのは逆に音楽的では無い気もする。もっと自由に発想し、表現する必要があると思う(発想が貧困になる)。リズム体・・・。基本的に音楽は、どんなポジションでもリズムは重要なはずなのに。

兄蔵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る