rpm

RPMパッケージを管理するコマンド。

【書式】 [ ]内は省略可能。< >内は必須。

[root@redhat ~]# rpm [オプション] [パッケージ名]

【オプション】

オプション 内容
-e パッケージを削除
-i パッケージをインストール
-q パッケージを照会
-F パッケージをアップグレード(システムに同じパッケージが存在しない場合は、インストールを行わない)
-U パッケージをアップグレード(システムに同じパッケージが存在しない場合は、通常のインストールを行う)
-V パッケージを検証
-l パッケージに含まれるファイルを表示(-qと併用)
-h インストールの進捗状況を表示(-i、-F、-Uと併用)
-v 詳細情報を表示(-e、-i、-q、-F、-Uと併用)
-a インストール済みの全パッケージを表示(-q、-Vと併用)
-f <ファイル名> 指定したファイルを含むパッケージを表示(-qと併用)
-p <パッケージファイル名> 指定したパッケージファイルの情報を表示(-qと併用)
–root <ディレクトリ名> 作業ディレクトリを指定
–nodeps 依存関係を無視(-e、-iなどと併用)
–prefix <ディレクトリ名> パッケージをインストールするディレクトリを指定(-iと併用)
–relocate <旧ディレクトリ名=新ディレクトリ名> インストール済みのパッケージを、ディレクトリを変更して再インストール(-iと併用)
–changelog <パッケージ名> パッケージの更新履歴を表示(-qと併用)

【関連コマンド】

コマンド 内容
rpm2cpio RPMパッケージはcpioアーカイブ形式で書くファイルを保存しており、このコマンドでアーカイブファイルを抽出できる

[ad#ad-1]

rpm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る