手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

CentOS 5 Postfix MTA 内部用メールサーバー構築

Overview

Postfix を使用して MTA (Mail Transfer Agent) を構築します。

  • 本稿は、内部用の MTA を想定した設定例です。外部用の MTA はこちらを参照して下さい。
  • 内部用 MTA と MRA (Mail Retrieval Agent) は同一ホスト上に構築します。これは同じメールボックスを参照する必要があるためです。 この環境では MRA として Dovecot を使用しています。
  • 内部から参照する MX レコードは、内部用 MTA の FQDN となります。DNS に登録しておきます。

インストール

postfix をインストールします。

[root@centos-5 ~]# yum -y install postfix

/etc/postfix/main.cf

/etc/postfix/main.cf をバックアップし、エディタで開きます。

[root@centos-5 ~]# cp /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.orig
[root@centos-5 ~]# vim /etc/postfix/main.cf

/etc/postfix/main.cf を編集します。以下は変更箇所のみ記載しています。

myhostname = int-mta.si1230.com
mydomain = si1230.com
myorigin = $myhostname
inet_interfaces = all
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
mynetworks = 127.0.0.0/8, 10.0.0.0/24
home_mailbox = Maildir/
  • myhostname: このメールサーバーのホスト名を設定します。
  • mydomain: メールサーバーが属するドメイン名を設定します。
  • myorigin: メールの送信元として使用されるドメインを設定します。ここでは $myhostname を指定しているため、myhostname で設定した int-mta.si1230.com が送信元のドメインとなります。
  • inet_interfaces: Postfix がリッスンするインターフェイスを指定します。all はすべてのインターフェイスでリッスンします。
  • mydestination: このメールサーバーが配送対象とするドメインやホスト名のリストを指定します。
  • mynetworks: このメールサーバーが信頼するネットワークの IP アドレス範囲を指定します。
  • home_mailbox: ユーザーのメールボックスの保存先を指定します。

デフォルト MTA の変更

デフォルトの MTA として sendmail が使用されているため、Postfix に変更します。

[root@centos-5 ~]# alternatives --config mta

サービス起動設定

postfix サービスを起動し、システムの起動時に有効になるように設定します。

[root@centos-5 ~]# service postfix start && chkconfig postfix on
CentOS 5 Postfix MTA 内部用メールサーバー構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る