手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

CentOS 5 Postfix MTA 外部用メールサーバー構築

Postfix を使用して MTA (Mail Transfer Agent) を構築します。

  • この設定例は、MTA を内部用と外部用で分離した構成を想定しています。本稿は外部用の MTA となります。
  • インターネットから参照する MX レコードは、外部用 MTA の FQDN となります。ダイナミック DNS サービスに設定しています。

インストール

[root@centos-5 ~]# yum -y install postfix

/etc/postfix/main.cf

[root@centos-5 ~]# cp -a /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.orig
[root@centos-5 ~]# vim /etc/postfix/main.cf
myhostname = ext-smtp.si1230.com
mydomain = si1230.com
myorigin = $myhostname
inet_interfaces = all
relay_domains = si1230.com

デフォルト MTA の変更

CentOS 5 は、デフォルトの MTA として sendmail が使用されているため、Postfix に変更します。

[root@centos-5 ~]# alternatives --config mta

サービス起動設定

[root@centos-5 ~]# service postfix start
[root@centos-5 ~]# chkconfig postfix on && chkconfig postfix --list
CentOS 5 Postfix MTA 外部用メールサーバー構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る