手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

Ubuntu 22.04 update-ca-certificates 自己署名証明書の信頼

目次に戻る

Overview

自己署名証明書の信頼設定を行います。これによりルート証明書の指定が必要なアプリケーションの設定を削減できます。/etc/ca-certificates.conf で登録された証明書の参照はアプリケーションに依存しますが、大概のケースでは問題ないでしょう。

前提条件

  • こちらを参考に自己署名証明書の設定が完了していること。

TLS 証明書の作成

こちらを参考に TLS 証明書作成します。

ルート証明書の配置を信頼設定

ルート証明書を配置するディレクトリを作成します。

myadmin@ubuntu:~$ sudo mkdir /usr/share/ca-certificates/self-signed

ルート証明書を配置します。

myadmin@ubuntu:~$ sudo cp /home/myadmin/work/easy-rsa/pki/ca.crt /usr/share/ca-certificates/self-signed

対象の証明書を CA のリストに含めます。

myadmin@ubuntu:~$ echo "self-signed/ca.crt" | sudo tee /etc/ca-certificates.conf

信頼設定を更新します。

myadmin@ubuntu:~$ sudo update-ca-certificates

目次に戻る

Ubuntu 22.04 update-ca-certificates 自己署名証明書の信頼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る