手当たり次第に書くんだ

ベーシックインカムとAI

希望の党がベーシックインカムを公約にしましたね。

経済の専門家でもないので単にイメージですが(別に間違っているわけではないと思いますが)、簡単に言うと、日本国民でいる限り、国民一人一人に毎月10万円あげるよという制度です(でも年金とかそうゆうのは撤廃するらしい)。

こうゆうのって、「そんなの働かないやつがいっぱいでるじゃん」とか、「無駄遣いばっかりしそう」とか、中途半端な意識高い系の人がネガティブなことをよく言っていると思いますが、近い将来は本当に考えなくてはならない仕組みなんだと思います。

まぁテレビで聞いたんですが、将来的にAIが本当に人の仕事をまかなうようになった場合、人の仕事がなくなるから心配とよく話題になりますが、本当にそうなんでしょうか。つまり一部のAIを使いこなす人だけが儲けて、他の人は稼ぎ口がないから路頭に迷う。




でも、AIを使いこなす人がたった一人になったらどうなんでしょう。周りの人間はもうこの世界での仕事もないし、最先端の文明社会で生きる必要はもうないなと思って、それぞれ別のコミュニティ、社会を作っていきそうです。そもそも仕事は作物を育てるでも生きていけますからね。そうなったら困るのは、たった一人のAIを使いこなす人になるのではないでしょうか。誰も関わってくれないということは、AIを使っても儲からないということですよね。

なので、AIが生産したお金を国民の利益として分配する必要があるんだと思います。

賛否両論ありそうですが、政治的にベーシックインカムをテーマにするのは、今の時代だからこそいいのかもしれません。

ベーシックインカムとAI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る