FX分析 豪ドル円 20220806

豪ドル円の4時間足分析です。

想定通りMCの中間地点で反発してくれました!現在、ロングは利確して93.75付近でショートエントリーしています。

私はあまり4時間足のサイクル理論を信じていないので日足を頼りにしています。

どういうことかというと、4HCは60~80本とされていますが、MCスタート時の4HC1,2はかなり分かりづらく、4HC1,2で120~160本として大きく見たほうが合いやすいと思うからです。今回は131本ですね。これはMCがライトトランスレーションの際は長め150本くらいになります。

なので8月2日が4HC3のスタートです。

金曜日の雇用統計が想定よりもかなり良かったようで結構上昇しましたが、4HC3はレフトトランスレーション想定なのでこのまま下落すると思っています。

89.352~88.742あたりがボトムの目安です。

FX分析 豪ドル円 20220806

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る