手当たり次第に書くんだ

QNAPから自作のNASに変更

QNAPのNASはとても良い製品です。すぐにNASとして使える、簡単にRAIDを構築できる、など・・・

でもやはり気に入らない点もあります。SNMPで参照できる値がちょっと変、NFSの設定値で弄れる範囲が変、NTPが変、メモリが少なくてくそ重い、後継機が高い、その他・・・、ただ使う分なら何の問題もないのですが、いろいろと使える!というのがメリット、が前提だと、それぞれの設定できる範囲がとても気になります。

なので、QANPから自作のNASに変更しました。正直、やっていることといえば、Samba、NFS、USBドライブへの自動バックアップだけなので、RAIDというハードルがなければ、自分でLinuxで作ったほうが柔軟で簡単です。個人的に自宅で使うPC周辺機器に、RAIDは不要だと思います。同じ観点で言えばLANケーブルのLAGとか。

家でハードウェアを考えると、そのハードウェアができることの最大限を考えてしまいますが、本当にいるのか考えたほうがいいです。多分いらないと思いますよ。

QNAPから自作のNASに変更

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る