CentOS6 Linux認証のバックエンドにLDAPを使用

Linux認証にLDAPを利用できるようにする。要するにLinuxがLDAPクライアントとして動作する。つまりはSambaとLDAPの連携にも必要。

テキストモードセットアップユーティリティ

これを使うのが確実で簡単。

テキストモードセットアップユーティリティを起動

[root@centos ~]# setup

テキストモードセットアップユーティリティの操作

テキストモードセットアップユーティリティを起動したら・・・

ツールの選択
    -> 認証の設定
        -> ツールを実行する
認証の設定
    -> ユーザー情報 # LDAP を使用
    -> 認証 # LDAP 認証を使用、他はデフォルトのまま
    -> 次
    -> サーバー: # ldap://127.0.0.1/
    -> ベースDN: # dc=si1230,dc=com
    -> OK
ツールの選択
    -> 終了する

LDAP参照の確認

[root@centos ~]# getent group
[root@centos ~]# getent passwd
CentOS6 Linux認証のバックエンドにLDAPを使用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る