手当たり次第に書くんだ

2,300万円の楽器を破壊したアリタリア航空

ちょっと前の話になりますが、音楽家であるミルナ・ヘルツォークさんがブラジルでのコンサートを終えて、リオデジャネイロからイスラエルのデル・アビブに戻るためにアリタリア航空に搭乗しました。この際、空港にヴィオラ・ダ・ガンバ(とても貴重な楽器)を預けたようなのですが、デル・アビブに到着すると、そのヴィオラ・ダ・ガンバが見るも無残な姿に・・・




アリタリア航空は自分たちに責任はないの一点張りだったようですが、結局、20万円ほどのお金をミルナ・ヘルツォークさんに支払ったそうです。2,300万円の20万円とか本当に理解できない金額です。一応修理はできるようですが、とても足りないし、そもそも元の音を再現することは不可能だと思います。

ミルナ・ヘルツォークさんは、いつもは席を2人分予約して楽器を持ち込んでいたそうなんですが、当日はなぜか満席になっており、空港の対応としては万全を期して運ぶから問題ないと言われたので安心して預けたとのこと。それでこの結果では本当に空港を訴えたい気持ちは良く分かります。

ちなみに私も楽器をいくつか所有しており、昨年引っ越した際、引っ越し業者にまとめて楽器も運んでもらったのですが、引っ越し後の状態は壊れてはいないものの、どれも最悪な状態でした。リペアに出してなんとか復活しましたが・・・、やはり楽器って楽器の扱いが理解できている人が運ばないとダメなんだなと痛感しました。




せっかくなので、ヴィオラ・ダ・ガンバの演奏動画を紹介しておきます。

2,300万円の楽器を破壊したアリタリア航空

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る