GRUB (GRand Unified Bootloader)

GRUBはLILOの後継となるマルチブートローダ。これも普段さわらないので、よく分からないところ。

【GRUBの特徴】

  • ファイルシステムを解釈機能を実装。これにより、ファイルシステム上のディレクトリパスでブートイメージを検出可能
  • シェル機能を実装
  • 複数のファイルシステムをサポート
  • ジオメトリ(ディスクのヘッド数と1トラック当たりのセクタ数)の変換に依存しない
  • LBAモードをサポート。これにより、BIOSがLBAモードに対応していれば、1024シリンダ以降のパーティションからブート可能
  • ディスクのないシステムをサポート
  • LILOと違い、設定変更後にブートローダを再インストールする必要があったが、GRUBでは不要
  • grub-installコマンドでMBRと/boot/grubディレクトリにGRUBがインストールされる

GRUBの設定ファイルは、/boot/grub/menu.lstとなる。

【/boot/grub/menu.lstの設定項目】

項目 設定内容
default デフォルトで起動するOSのエントリ番号
timeout ブートプロンプトの表示時間(秒単位)
title 起動時のメニューに表示するエントリ名
root ルートファイルシステムを含むデバイス
kernel カーネルのイメージファイル

[ad#ad-1]

GRUB (GRand Unified Bootloader)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る