手当たり次第に書くんだ

40種類のベーステクニック

Nathan Navarro[ネイサン・ナヴァッロ]という人が弾いています。

この動画では40種類のベーステクニックを一連の流れで使っていて、各テクニックがどのように実現されているか参考になると思います。個人的なテクニックのイメージと異なる点もあったので、後半に私見を含めた簡単な説明を書いてみました。

  1. Fingerstyle・・・指弾き
  2. Staccato・・・スタッカート
  3. Three Fingers・・・3フィンガー
  4. Four Fingers・・・4フィンガー
  5. One Finger・・・1フィンガー
  6. Left-Hand Muting・・・左手でのミュート
  7. Palm Mute・・・右の手のひらでのミュート
  8. Scratch・・・爪を擦らせてDJスクラッチのような音を出す
  9. Thumb, Index, Middle, Ring・・・親指、人差し指、中指を使った3フィンガー
  10. Slap・・・スラップ
  11. Hammer-On・・・ハンマリング
  12. Pull-Off・・・プリング
  13. Three Finger Gallop・・・3フィンガーでのギャロップ(馬の走るようなリズム)
  14. Two-Finger Gallop・・・2フィンガーでのギャロップ
  15. Double-Thumb Gallop・・・ダブルサム(アップ・ダウン)でのギャロップ
  16. Double Thumb・・・ダブルサム
  17. Double Thumb Pluck・・・ダブルサムとプル
  18. Double Thumb Pluck (Palm Mute)・・・ダブルサムとプル、右手の手のひらでミュート
  19. Fingerstyle Cords・・・コードをアルペジオ
  20. Rolls・・・19を速くリズミカルにしたもの(のように見えるし聞こえる)
  21. Tapping・・・両手を使用したタッピング
  22. Sweeping・・・スイープ、右手親指で上昇して、下降は右手のタッピングを含めている
  23. Strumming・・・かき鳴らし
  24. Flamenco Strumming・・・フラメンコ的なかき鳴らし
  25. Trill Tapping・・・右手を加えたトリル
  26. Raking・・・レイキング(タッピングの延長のようになっていてレイキングとはちょっとイメージ違う)
  27. Right-Hand Tapping・・・右手を起点としたタッピング
  28. Behind-The-Nut Bend・・・ペグとナットの間の弦を押し込んでベンド
  29. Pre-Bend・・・チョーキング
  30. Slides・・・スライド
  31. Bending・・・ビブラート
  32. Two-Hand Slides・・・両手を使ったスライド
  33. Ghost Notes・・・ゴーストノート
  34. Pickup Tapping・・・ピックアップ上でのタッピング
  35. Four Fingers Alternate Picking・・・4フィンガーのオルタネイトピッキング
  36. Natural Harmonics・・・ナチュラルハーモニクス
  37. Artificial Harmonics・・・人口ハーモニクス(38と同じに見えるし聞こえる。右手の親指を使用したものではないようだ)
  38. Tap Harmonics・・・タッピングを用いたハーモニクス
  39. Thumb Cords・・・左手の親指を用いたコード
  40. Assisted Cords・・・もう一人の手を用いたコード
40種類のベーステクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る