手当たり次第に書くんだ

CentOS7 ネットワーク設定

目次

ネットワーク設定を実施する。

設定方針

設定方針を参照する。

前提条件

無し

設定手順

サービス設定

NetwokManagerサービス無効化

[root@centos ~]# systemctl stop NetworkManager && systemctl disable NetworkManager
[root@centos ~]# systemctl status NetworkManager

netwokサービス有効化

[root@centos ~]# systemctl start network && systemctl enable network
[root@centos ~]# systemctl status network

MACアドレスでのインターフェイス名制御

各インターフェイスのMACアドレスは”ifconfig -a”で確認する。尚、ここで定義していないMACアドレスのインターフェイスであったとしても、おそらくkernelが認識している番号でインターフェイス番号が割り当てられる。ここでMACアドレスを定義していればそれが優先されるようだ。

[root@centos ~]# vim /etc/udev/rules.d/70-net-name-mac.rules

SUBSYSTEM=="net",ACTION=="add",ATTR{address}=="[xx:xx:xx:xx:xx:xx]",NAME="eth[x]"

グローバルなネットワーク設定

既存の記載内容はすべて削除して下記の記載のみとすること。

[root@centos ~]# vim /etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
NOZEROCONF=yes
GATEWAY=[xxx.xxx.xxx.xxx]

インターフェイス設定のフォーマット

IPアドレス有りの場合

既存の記載内容はすべて削除して下記の記載のみとすること。

[root@centos ~]# vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth[x]

DEVICE=eth[x]
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
IPADDR=[xxx.xxx.xxx.xxx]
NETMASK=[yyy.yyy.yyy.yyy]

IPアドレス無しの場合

既存の記載内容はすべて削除して下記の記載のみとすること。IPアドレスを設定しないインターフェイスは、主にKVMのゲストOS用に使用する。

[root@centos ~]# vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth[x]

DEVICE=eth[x]
ONBOOT=yes

ホスト名設定

[root@centos ~]# hostnamectl set-hostname [hostname]
[root@centos ~]# hostnamectl status

hosts設定

/etc/hosts

IPv6の行は削除する。

[root@centos ~]# vim /etc/hosts

127.0.0.1 localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
127.0.0.1 [hostname] [hostname].mydomain.com

DNS参照設定

既存の記載内容はすべて削除して下記の記載のみとすること。下記は参照先のDNSサーバーとして内部サーバーを指定している。システム内の内部DNS構築前の段階では8.8.8.8(VMテンプレートで設定)等のPublic DNSを一時的に指定する。

/etc/resolv.conf

[root@centos ~]# vim /etc/resolv.conf

search mydomain.com
nameserver 10.0.2.101

戻る

CentOS7 ネットワーク設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る