BIND 9.8.2 名前解決が急にできなくなる

こちらが参考になります。

CentOSにBINDをインストールしLAN内のDNSサーバーとして使用しています。更に自身が保持していないゾーン(インターネット)については他のDNSサーバーへフォワードする設定にしています。

基本的に安定して動作しているますが、どうも1ヶ月程の周期で急に名前解決ができなくなります。すぐにサービスを再起動してしまったので残念ながら状態を詳しく確認できていませんが、多分LAN内の名前解決はできているがインターネット向けの名前解決が不可になっていると思われます。

なんだろうとログを見てみると下記ログが大量に出力されています。

[root@centos ~]# cat /var/log/messages | more

ちょっと長いので余計な部分を削除しているのと、何かが特定できそうな部分は伏せています。

validating @xxxxxxxxxxxxxx: dlv.isc.org SOA: no valid signature found
validating @xxxxxxxxxxxxxx: xxxxxxxxxxxxxxxxx.xxx.dlv.isc.org NSEC: no valid signature found

DNSSECに関係しそうですが原因特定までは至らず。

BIND 9.8.2 名前解決が急にできなくなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る