手当たり次第に書くんだ

久しぶりにPCを自作した

少し前ですが、2020年1月に久しぶりにPCを自作しました。

やはり、PCを自作できる人は自作のほうが良いと思います。個人的に思う自作PCのメリットは、①必要最小限のパーツで構成できる、②好きなデザインのケースを選べる、の2つです。コストについては、自作だからといってそこまで安くはなく、合計で95,739円(約10万円)になっています。そこそこのPCを手に入れるには、自作でも出来合いでも、大体10万円位が相場なのかなと思います。

各パーツの内訳は下記のとおりです。尚、OSは、Windows 10 Proで合計金額には入っていません。

パーツ メーカー 型番 価格 備考
PCケース Cooler Master MCS-S600-KN5N-S00 13,508 ミドルタワーケース
電源ユニット Corsair CP-9020195-JP 14,552 80PLUS GOLD
マザーボード ASUS PRIME B365-PLUS 13,411 ATX
CPU INTEL i5-9600 28,000 6コア、6スレッド
CPUクーラー サイズ 虎徹 Mark II 3,673
メモリ Crucial W4U2666CM-8G 7,309 8GB×2
M.2 SSD シリコンパワー SP512GBP34A60M28 8,380 512GB
HDD Seagate ST2000DM008 6,906 2TB

この構成で特にトラブルもなく問題なく稼働しています。









久しぶりにPCを自作した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る