手当たり次第に書くんだ

CentOS7 Samba構築

目的

LDAPにNTLM認証用のパスワードを登録するため、Sambaを導入する。ファイルサーバーとしては使用しない。

設定方針

設定方針を参照する。

対象ホスト

内部サーバー

前提条件

マニュアル名:「LDAPサーバー構築」、「LDAPデータ登録」、「LDAPクライアント設定」が完了していること。

設定手順

設定ファイル編集

/etc/samba/smb.conf

デフォルトの設定ファイルは削除して新規に作成している。

[root@centos ~]# rm -f /etc/samba/smb.conf
[root@centos ~]# vim /etc/samba/smb.conf

[global]
dos charset = CP932
domain master = Yes
preferred master = Yes
ldap admin dn = cn=Manager,dc=mydomain,dc=com
ldap group suffix = ou=group
ldap passwd sync = yes
ldap ssl = no
ldap suffix = dc=mydomain,dc=com
ldap user suffix = ou=user
load printers = No
passdb backend = ldapsam:ldaps://localhost/
idmap config * : backend = tdb
hosts allow = 127.0.0.0/8 10.0.0.0/24 10.0.2.0/24

LDAP連携

ldap admin dnのパスワードを設定する。

[root@centos ~]# smbpasswd -w [password]

Setting stored password for "cn=Manager,dc=mydomain,dc=com" in secrets.tdb

サービス起動設定

[root@centos ~]# systemctl start smb && systemctl enable smb
[root@centos ~]# systemctl status smb

ユーザー登録

LDAPと同一のユーザーを登録する。

[root@centos ~]# pdbedit -a [username]

戻る

CentOS7 Samba構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る