CentOS7 IPv6無効化

リンク

目次

概要

OSレベルでIPv6を無効化します。

補足:
IPv6は無効化は必須ではありません。CentOS7のアプリケーションはIPv6が有効であることが前提で設定されており、OSレベルでIPv6を無効化することにより、各アプリケーションの設定にケアが必要です(不要なエラーログが出力されてしまうなど)。IPv6を使用していないネットワーク環境でも、CentOSのIPv6が有効で問題になることはほぼないと思います。IPv6リンクローカルアドレスが自動設定されるだけです。本当に必要な場合のみ無効化したほうが良いです。

条件

全般

項目 内容
対象OS CentOS7
対象ホスト 全ホスト共通
Firewalld 無効
SELinux 無効
IPv6 無効
状態 無し

個別

無し

手順

カーネルパラメータ設定

この設定を有効にするには再起動が必要です。

[root@centos ~]# echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" > /etc/sysctl.d/net.ipv6.conf

CentOS7 IPv6無効化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る