手当たり次第に書くんだ

QNAPにZabbixエージェントを入れて監視する

Zabbixエージェントについてはこちらも参照して下さい。

SNMPでもいいんですが、QNAPのSNMPはちょっと癖があって扱いづらいので、前々からZabbix入れたいと思っていました。

QNAP CLUB

あてもなくググってみたところ、QNAP CLUBというリポジトリがあることを知る。イメージ的にはCentOSのEPELのような存在だろうか。とにかく公式に比べパッケージ数は非常に多いようだ。ここならZabbixもあるんじゃなかろうかと思い、早速QNAP CLUBのリポジトリを設定してみることとした。

QNAP CLUBのリポジトリ設定

「AppCenter > 画面右上の歯車 > アプリリポジトリ > 追加」を巡り、表示される設定画面にて、名前を「QNAP CLUB」、URLを「https://www.qnapclub.eu/en/repo.xml」として追加。

Zabbixエージェントのインストール

リポジトリの登録が終わるとAppCenterの画面横にQNAP CLUBが登場する。

あとは、「Zabbix」で検索し、GUIの表示の通りインストールすればいい。

Zabbixエージェントの設定

通常、LinuxにZabbixエージェントを入れる場合と同様に設定します。

/share/CACHEDEV1_DATA/.qpkg/ZabbixAgent/etc/zabbix_agentd.conf

/etc/zabbix_agentd.confにシンボリックリンクがあります。[xxx.xxx.xxx.xxx]はZabbixサーバーのIPアドレス、[hostname]はQNAPのホスト名に置き換えます。

[admin@qnap ~]# vim /etc/zabbix_agentd.conf

#Server=127.0.0.1
Server=[xxx.xxx.xxx.xxx]
#ServerActive=127.0.0.1
ServerActive==[xxx.xxx.xxx.xxx]
#Hostname=Zabbix server
Hostname=[hostname]

Zabbixエージェントの再起動

/share/CACHEDEV1_DATA/.qpkg/ZabbixAgent/ZabbixAgent.shが起動スクリプトとなっており、/etc/init.d/ZabbixAgent.shにシンボリックリンクがあります。尚、QNAPを再起動してもZabbixは起動しているため、自動起動設定はされているようです。

[admin@qnap ~]# /etc/init.d/ZabbixAgent.sh restart

QNAPにZabbixエージェントを入れて監視する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る