手当たり次第に書くんだ

OpenVPNはiPhoneでも使える

いつの間にかiPhoneのアプリとしてOpenVPNが提供されていました。

iPhoneクライアントは提供されないと思っており、自宅のリモートアクセスの仕組みをいろいろと悩んでいました。CiscoのIPsecで認証にクライアント証明書を使うとか、同じくSSL-VPNはどうかとか考えたんですが、結局Ciscoでの証明書認証がなんだか煩雑で半ば諦めかけてました。

ちなみにOpenVPNとは、

OpenVPNは、事前共有しておいた秘密鍵、公開鍵証明書、ユーザ名/パスワードを使ってPeer to Peerの相互の認証を行う。OpenSSLやSSLv3/TLSv1プロトコルを利用する。Solaris、Linux、OpenBSD、FreeBSD、NetBSD、Mac OS X、Windows 2000/XPなどで動作する。様々なセキュリティ機能や制御機能を持つ。WebベースのVPNではなく、IPsecや他のVPNパッケージとは互換性がない。クライアント側もサーバ側も1個のバイナリとオプションの設定ファイルから構成され、使用する認証方式によって、いくつかの鍵ファイルが必要となる。

ということです(Wikipediaからの引用)。

OpenVPNはiPhoneでも使える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る