FX分析 豪ドル円 20220820

豪ドル円の4時間足分析です。今回からギャン・ファンを用いた分析を使っています。

画像の通り、かなり正確にギャン・ファンにそってチャートが上下していることが分かります。

現在の4HCはMC2の4HC4です。つまりMCの最後の4HCであり、このMCはレフトトランスレーション想定である為、現在のMCボトムである90.521を割ってくると思います。

ニュージーランドドル円は8/20でレフトトランスレーションが確定しました!

私は94.869でショートエントリーしており、うまくいけば400PIPS以上を得ることが出来そうです。

正確には90.521を割り、ギャン・ファンと4HC 80が交差するあたりと考えており、89.8あたりがボトムではないかと想像しています。

想定通りであればこの直前で決済したいところです。

チャート的にこのMCはライト・レフト・ライト・レフトの動きです。4HC2~4HC3の間は丁度MCを45で見た場合の中間地点にあたり、経験的にここで大きく上下する場合は4HC4が出現します。

今回の4HC4 80は月末付近であり可能性としても十分にありえるプランだと思います。

MCは現在36本目となっており45本目は9/1で月末付近です。なので今回のサイクルはかなりきれいですね!

そしておそらくPCもレフトトランスレーションを形成します。

この場合は86までは下がりそうです。11月末か12月末あたりが想定されます。

FX分析 豪ドル円 20220820

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る