手当たり次第に書くんだ

世界のベーシスト Abraham Laboriel[エイブラハム・ラボリエル]

まさにベースレジェンド。プレイスタイルは独特で、エイブラハム・ラボリエルとして出来上がっており、後にも先にもこのようなベーシストはいないと思う。

プロフィール

出身地
メキシコ
生年月日
1947年7月17日
年齢
73歳
音楽的背景
最初はクラシックギターの練習から始めたが、米国のバークリー音楽大学へ進学してからベースギターの演奏をするようになった。

プレイスタイル

主な音楽ジャンル
ジャズ、フュージョン、ポップス
主な奏法
独特なプレイスタイル。最初に始めたクラシックギターの影響からか、ラスゲアード奏法が多用される(クラシックというかフラメンコの技法だが)。"スラップではない"弦を叩く奏法も演奏中に普通に使う。
主な使用楽器
あまり楽器にこだわりはないようで、何を弾いても(ベースという範囲で)エイブラハム・ラボリエルになる。

動画はThe Chicken。エイブラハム・ラボリエルのソロ時、ドラマーの表情からエイブラハム・ラボリエルへのリスペクトを感じる。永久に残って欲しい動画。

The Chicken (Pee Wee Ellis)

世界のベーシスト Abraham Laboriel[エイブラハム・ラボリエル]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る