QNAPのTS-231をSSD/RAID0で構成して超高速NASを実現

QNAPのTS-231をSSD/RAID0で構成して超高速NASを実現してみました. LANはGigabitです.

TS-231

SSD(ADATA SP900)を2台取り付けて速度重視のRAID0を構成しました. また, このテストにはあまり関係ありませんが, LANを2本接続してLACPを構成しています.

結果は想定どおりですが, TS-112と比較して全体的に速くなります. 体感的にも満足できる速度になりました.

z-drive

[amazonjs asin=”B00O3Y7F02″ locale=”JP” title=”QNAP NAS TS-231 デュアルコア1.2GHz CPU 512MBメモリ 2ベイ 2年保証 多機能NASキット”]

[amazonjs asin=”B00C1TQKWA” locale=”JP” title=”A-DATA ASP900S3-256GM-C-7MM ADATA 2.5″SSD 256GB SATA6G A-DATA ASP900S3-256GM-C-7MM”]

TS-112(参考)

HDD(HITACHI HDS721050CLA362)を取り付けています.

HDDシングル構成ですが, 読み込み速度は, そこそこありますね. NAS専用機だけに, それなりのチューニングがされているのかもしれません.

TS-231がSSDのRAID0構成でディスク障害が心配なので, こちらは完全にバックアップ用途で使用しています.

y-drive

ローカルディスク(参考)

参考までに, ローカルディスク(ADATA AS510S3-120GM-C)のデータですが, やはりローカル接続が一番速いですね.

c-drive

QNAPのTS-231をSSD/RAID0で構成して超高速NASを実現

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る