手当たり次第に書くんだ

自宅用のVLAN対応スイッチ

自宅のネットワークでは、公開サーバー用にDMZセグメントを設けているのですが、自宅に電源入れっぱなしのサーバー(CentOS5)を何台も置く訳にはいかないので、電気代節約のため、1台の物理サーバーをXenで仮想化する構成にしています。

また、LANとDMZを分離する方法としてタグVLAN(IEEE802.1q)を使っており、それに対応したスイッチが必要になりますが、タグVLANに対応したスイッチは、一般的に企業向けのスイッチ(Cisco等)のみで、コンシューマー向けのスイッチは対応していない場合がほとんどです。このため、自宅LANに見合う金額を考慮すると、選択肢は大分少なくなります。

製品選定

コンシューマー向けのスイッチを販売しているcoregaとBUFFALOのVLAN対応スイッチの機能を比較してみます。コンシューマー向けと言っても同社の中での法人向けスイッチとなりますが、無理に中古のCiscoスイッチを入れるより、スマートです。

corega SSW08GTR BUFFALO BSL-WS-G2008MR
ポートVLAN
タグVLAN
リンクアグリゲーション ×
RSTP ×
QoS
SNMP ×
NTP ×
syslog ×
ミラーポート ×

結局購入したのは・・・

結局、アウトレットで安く売っていたcoregaのSSW08GTRを購入しました(新品の半額以下)が、管理機能が弱いので、今後は機能追加したファームウェアを出して欲しいところです。

自宅用のVLAN対応スイッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る