CentOS8 Zabbixエージェント

目次に戻る

概要

Zabbixエージェントを導入します。

前提条件

OS

CentOS Stream 8を使用します。

SELinux

有効です。無効にする場合はこちらを参照して下さい。

Firewalld

無効です。有効化する場合はこちらを参照して必要な許可設定をして下さい。

その他

ZabbixエージェントはEPELリポジトリに含まれるzabbix40-agentを使用します。

設定

インストール

[root@centos ~]# dnf install zabbix40-agent

/etc/zabbix_agentd.conf

/etc/zabbix_agentd.confはzabbixエージェントの設定ファイルです。下記は変更箇所を抜粋しています。

Server=192.168.0.100
ServerActive=zabbix.si1230.com
Hostname=host1.si1230.com
Server
接続を許可するZabbixサーバーのIPアドレスを指定します。ここで指定したIPアドレスからTCP:10050での接続が許可されます。送信元を判定するためIPアドレスを指定します。
ServerActive
ACTIVEチェック先となるZabbixサーバーのFQDNを指定します。ここで指定したFQDNに、TCP:10051でActiveチェックを行います。宛先指定となるためFQDNを指定していますが、IPアドレスでも問題ありません。
Hostname
自身のホスト名を設定します。

サービス起動設定

zabbixエージェントを起動します。

[root@centos ~]# systemctl enable --now zabbix-agent.service
[root@centos ~]# systemctl status zabbix-agent.service

目次に戻る

CentOS8 Zabbixエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る