手当たり次第に書くんだ

VyOS PPPoE

VyOS1.3でのPPPoEの設定例です。この例では、デフォルトルートを自動設定せずに明示的にスタティックルートを設定しています。また、DNSサーバーも自動設定しません。

interfaces {
    ethernet eth0 {
        description OUTSIDE
    }
    pppoe pppoe0 {
        authentication {
            password ****************
            user ****************
        }
        default-route none
        mtu 1454
        no-peer-dns
        source-interface eth0
    }
}
protocols {
    static {
        interface-route 0.0.0.0/0 {
            next-hop-interface pppoe0 {
            }
        }
    }
}

コマンドは下記の通りです。

set interfaces ethernet eth0 description 'OUTSIDE'
set interfaces pppoe pppoe0 authentication password ****************
set interfaces pppoe pppoe0 authentication user ****************
set interfaces pppoe pppoe0 default-route 'none'
set interfaces pppoe pppoe0 mtu '1454'
set interfaces pppoe pppoe0 no-peer-dns
set interfaces pppoe pppoe0 source-interface 'eth0'
set protocols static interface-route 0.0.0.0/0 next-hop-interface pppoe0
VyOS PPPoE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る