Kubernetes Systemdを実行可能なCentOSコンテナ

目次に戻る

概要

KubernetesでSystemdを実行可能なCentOSコンテナを実行します。Privilegedモードで実行する必要があります。尚、Privilegedモードはプロダクション環境で全く推奨されませんので、使用する環境は十分に検討して下さい。

手順

Podの作成

Manifestの作成

Manifestを作成します。”privileged: true”により、PrivilegedモードでCentOSコンテナが起動します。

root@k8s-01:~# vim /root/k8s/yaml/centos-pri.yaml

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: centos-pri-pod
spec:
  containers:
  - name: centos
    image: centos
    command:
    - "/sbin/init"
    securityContext:
      privileged: true

Manifestの実行

ManifestからPodを作成します。

root@k8s-01:~# kubectl create -f /root/k8s/yaml/centos-pri.yaml

pod/centos-pri-pod created

Podのステータス確認

Podのステータスを確認します。

root@k8s-01:~# kubectl get pod

NAME             READY   STATUS    RESTARTS      AGE
centos-pri-pod   1/1     Running   0             16s

コンテナ内のコマンドを実行

Pod(コンテナ)を指定して/bin/bashを起動

execでコンテナ内(Pod内ではありません)のシェルを実行できます。

root@k8s-01:~# kubectl exec -it centos-pri-pod -- /bin/bash
[root@centos-pri-pod /]# ls

bin  dev  etc  home  lib  lib64  lost+found  media  mnt  opt  proc  root  run  sbin  srv  sys  tmp  usr  var

Systemdを確認

下記の通り、CentOSコンテナ内ではSystemdを実行することができます。

[root@centos-pri-pod /]# systemctl status

● centos-pri-pod
    State: starting
     Jobs: 1 queued
   Failed: 0 units
    Since: Sun 2021-11-21 16:47:14 UTC; 1min 30s ago
   CGroup: /system.slice/containerd.service/kubepods-besteffort-podf5491c07_800c_4ec6_8d75_d57503ab8404.slice:cri-containerd:93811aebda0913dc0e1fd44c70648825014cfd3d0109d3e59918fffa37835afe
           ├─init.scope
           │ └─1 /sbin/init
           └─system.slice
             ├─systemd-journald.service
             │ └─31 /usr/lib/systemd/systemd-journald
             ├─dnf-makecache.service
             │ └─42 /usr/libexec/platform-python /usr/bin/dnf makecache --timer
             └─dbus.service
               └─41 /usr/bin/dbus-daemon --system --address=systemd: --nofork --nopidfile --systemd-activation --syslog-only

目次に戻る

Kubernetes Systemdを実行可能なCentOSコンテナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る