CentOS8 外部メールサーバー構築 Postfix

目次に戻る

概要

Postfixを使用して外部向けのメールサーバーを構築します。このメールサーバーはインターネット上のメールサーバーと内部メールサーバーを中継します。

前提条件

OS

CentOS Stream 8を使用します。

SELinux

有効です。無効にする場合はこちらを参照して下さい。

Firewalld

無効です。有効化する場合はこちらを参照して必要な許可設定をして下さい。

標準ポート番号

TCP:25 (SMTP)

構成

本稿で想定しているメールシステムの全体像は下記の通りです。

設定

インストール

Postfixをインストールします。

[root@centos ~]# dnf install postfix

/etc/postfix/main.cf

main.cfのデフォルト値

コメント行等を削除し、最小化したmain.cfは下記の通りです。

compatibility_level = 2
queue_directory = /var/spool/postfix
command_directory = /usr/sbin
daemon_directory = /usr/libexec/postfix
data_directory = /var/lib/postfix
mail_owner = postfix
inet_interfaces = localhost
inet_protocols = all
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
unknown_local_recipient_reject_code = 550
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases
debug_peer_level = 2
debugger_command = PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/usr/X11R6/bin ddd $daemon_directory/$process_name $process_id & sleep 5
sendmail_path = /usr/sbin/sendmail.postfix
newaliases_path = /usr/bin/newaliases.postfix
mailq_path = /usr/bin/mailq.postfix
setgid_group = postdrop
html_directory = no
manpage_directory = /usr/share/man
sample_directory = /usr/share/doc/postfix/samples
readme_directory = /usr/share/doc/postfix/README_FILES
smtpd_tls_cert_file = /etc/pki/tls/certs/postfix.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/pki/tls/private/postfix.key
smtpd_tls_security_level = may
smtp_tls_CApath = /etc/pki/tls/certs
smtp_tls_CAfile = /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
smtp_tls_security_level = may
meta_directory = /etc/postfix
shlib_directory = /usr/lib64/postfix

main.cfの設定

main.cfを編集します。

[root@centos ~]# vim /etc/postfix/main.cf

compatibility_level = 2
queue_directory = /var/spool/postfix
command_directory = /usr/sbin
daemon_directory = /usr/libexec/postfix
data_directory = /var/lib/postfix
mail_owner = postfix
myhostname = mail.si1230.com
inet_interfaces = all
inet_protocols = all
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
unknown_local_recipient_reject_code = 550
mynetworks = 127.0.0.0/8, 192.168.1.100/32
relay_domains = $mydomain
alias_database = hash:/etc/aliases
debug_peer_level = 2
debugger_command = PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/usr/X11R6/bin ddd $daemon_directory/$process_name $process_id & sleep 5
sendmail_path = /usr/sbin/sendmail.postfix
newaliases_path = /usr/bin/newaliases.postfix
mailq_path = /usr/bin/mailq.postfix
setgid_group = postdrop
html_directory = no
manpage_directory = /usr/share/man
sample_directory = /usr/share/doc/postfix/samples
readme_directory = /usr/share/doc/postfix/README_FILES
smtpd_tls_cert_file = /etc/pki/tls/certs/postfix.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/pki/tls/private/postfix.key
smtpd_tls_security_level = may
smtp_tls_CApath = /etc/pki/tls/certs
smtp_tls_CAfile = /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
smtp_tls_security_level = may
meta_directory = /etc/postfix
shlib_directory = /usr/lib64/postfix
追加した設定項目

main.cfに追加した設定は下記の通りです。

項目名 説明
myhostname 外部から自身を識別するFQDNを指定します。
mynetworks 詳細は内部メールサーバーの投稿を参照して下さい。外部メールサーバーでは内部メールサーバー(192.168.1.100/32)から中継を許可しています。
relay_domains 指定したドメイン宛のメール中継を許可します。本稿では自ドメインを設定しており、自ドメイン宛のメールはMXを参照して内部メールサーバーに配送します。
変更した設定値

デフォルトのmain.cfから変更した設定は下記の通りです。

項目名 説明
inet_interfaces PostfixがListenするインターフェイスのIPアドレスを指定します。allは全てのインターフェイスです。

サービス起動設定

Postfixを起動します。

[root@centos ~]# systemctl enable --now postfix.service
[root@centos ~]# systemctl status postfix.service

目次に戻る

CentOS8 外部メールサーバー構築 Postfix

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る