手当たり次第に書くんだ

CentOS8 SSH設定

目次に戻る

概要

SSHを設定します。

前提条件

OS

CentOS Stream 8を使用します。

SELinux

有効です。無効にする場合はこちらを参照して下さい。

Firewalld

無効です。有効化する場合はこちらを参照して必要な許可設定をして下さい。

標準ポート番号

TCP:22 (SSH)

設定

/etc/ssh/sshd_config

/etc/ssh/sshd_configはSSHの設定ファイルです。

sshd_configのデフォルト値

コメント行等を削除し、最小化したsshd_configは下記の通りです。

HostKey /etc/ssh/ssh_host_rsa_key
HostKey /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key
HostKey /etc/ssh/ssh_host_ed25519_key
SyslogFacility AUTHPRIV
PermitRootLogin yes
AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys
PasswordAuthentication yes
ChallengeResponseAuthentication no
GSSAPIAuthentication yes
GSSAPICleanupCredentials no
UsePAM yes
X11Forwarding yes
PrintMotd no
AcceptEnv LANG LC_CTYPE LC_NUMERIC LC_TIME LC_COLLATE LC_MONETARY LC_MESSAGES
AcceptEnv LC_PAPER LC_NAME LC_ADDRESS LC_TELEPHONE LC_MEASUREMENT
AcceptEnv LC_IDENTIFICATION LC_ALL LANGUAGE
AcceptEnv XMODIFIERS
Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server

sshd_configの設定

SSHは特別な要件が無ければデフォルトのままでも問題ありませんが、一般的に変更される場合が多い項目を取り上げます。

rootユーザーのSSHログインを許可するか

rootユーザーのSSHログインを制御します。デフォルト値はyesで許可されています。セキュリティ観点で無効化(no)されるケースが多いのですが、OS関連の設定管理は不便になります。

PermitRootLogin [yes|no]

rootユーザーのSSHログインを許可しないのであれば、suコマンドの制限と合わせて設定すると良いと思います。

パスワード認証を許可するか

パスワード認証を制御します。デフォルト値はyesで許可されています。セキュリティ観点で無効化(no)されるケースが多いのですが、秘密鍵を紛失した場合はコンソールログインしかできなくなります。

PasswordAuthentication [yes|no]
DNSの逆引きを行うか

DNSの逆引きはセキュリティを高める意図(おそらくホスト名をログに残す等?)があったようですが、現在ではあまり意味が無いとされており、CentOS8のデフォルト値はnoになっています。ちなみにCentOS7までのデフォルト値はyesです。yesの場合、DNSを参照できない環境ではSSH接続に非常に時間がかかります。

UseDNS [yes|no]
どのユーザーにSSHログインを許可するか

SSHログイン可能なユーザーを制御します。ある程度の絞り込みができる環境であれば設定しておくと安心ですが、多数の場合は設定しないほうが良いでしょう。

AllowUsers [user1 user2 ...]
送信元IPアドレスにより設定値を変更する

Match Addressを使用すると、送信元IPアドレスにより先に設定した値を変更できます。

Match Address [xxx.xxx.xxx.xxx/xx,yyy.yyy.yyy.yyy/yy,...]
PermitRootLogin yes
PasswordAuthentication yes

サービス再起動

設定変更を反映する為、SSHを再起動します。

[root@centos ~]# systemctl restart sshd.service
[root@centos ~]# systemctl status sshd.service

目次に戻る

CentOS8 SSH設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る