手当たり次第に書くんだ

CentOS8 389DSで特定のインスタンスを削除

インスタンス名がslapd-389dsである場合の例です。

[root@centos ~]# remove-ds.pl -d -i slapd-389ds

+Successfully stopped server 389ds
+updating systemd files in /usr/lib/systemd/system and /etc/systemd/system/dirsrv.target.wants for all directory server instances in /etc/sysconfig
+Instance slapd-389ds removed.
Instance slapd-389ds removed.

-iはインスタンス名、-dはデバッグの出力(上記の例)となります。

ディレクトリをそのまま消してもいいですが、その場合はsystemdのリンク(/etc/systemd/system/dirsrv.target.wantsの中)が残るのでそれも消す必要があります。
remove-ds.plではまとめてきれいに消してくれるようです。

CentOS8 389DSで特定のインスタンスを削除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る