手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

OS インストール後、システム全体をアップデートし、再起動しておきます。

[root@centos-5 ~]# yum -y update
[root@centos-5 ~]# reboot

自動更新サービスを設定します。

[root@centos-5 ~]# cp -a /etc/yum/yum-updatesd.conf /etc/yum/yum-updatesd.conf.orig
[root@centos-5 ~]# vim /etc/yum/yum-updatesd.conf
run_interval = 3600
updaterefresh = 600
emit_via = syslog
dbus_listener = no
do_update = yes
do_download = yes
do_download_deps = yes

各設定項目の説明は以下のとおりです。

  • run_interval: アップデートの有無を調べる間隔を指定します。この値は秒単位で指定します。例えば、run_interval = 3600 は 1 時間ごとにアップデートの有無をチェックします。
  • updaterefresh: リクエストによるアップデートのチェックを許可する間隔を指定します。これも秒単位で指定します。例えば、updaterefresh = 600 は 10 分ごとにアップデートのチェックを許可します。
  • emit_via: アップデートの通知方法を指定します。dbus: GUI 環境での通知を puplet を経由して行います。email: メールによる通知を行います。syslog: syslog にアップデート情報を記録します。
  • dbus_listener: アップデートの通知に dbus を利用するかどうかを指定します。GUI 環境でのみ有効です。yes を指定すると利用、no を指定すると利用しません。
  • do_update: アップデートの自動インストールを行うかどうかを指定します。yes を指定すると自動インストールを行い、no を指定すると自動インストールを行いません。
  • do_download: アップデートの自動ダウンロードを行うかどうかを指定します。yes を指定すると自動ダウンロードを行い、no を指定すると自動ダウンロードを行いません。
  • do_download_deps: アップデートの依存性チェックを行うかどうかを指定します。yes を指定すると依存性チェックを行い、no を指定すると依存性チェックを行いません。

自動更新サービスを有効にします。

[root@centos-5 ~]# service yum-updatesd restart
[root@centos-5 ~]# chkconfig yum-updatesd on && chkconfig yum-updatesd --list
CentOS 5 Yum

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る