手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

CentOS 5 setup コマンドを使用した LDAP 参照設定

LDAP を使用した Linux ユーザーの認証を行うには、setup コマンドを使用すると簡単に設定することができます。以下のように setup コマンドを実行すると TUI が起動します。

[root@centos-5 ~]# setup
  1. [ 認証の設定 ] – [ 実行ツール ] を選択します。
  2. [ ユーザー情報 ] – [ LDAP を使用 ] にチェック、[ 認証 ] – [ LDAP 認証を使用 ] を選択します。
  3. [ サーバー ] に LDAP サーバーの URI を入力します。ldap://ldap.si1230.com/ の形式となります。
  4. [ ベース DN ] に /etc/openldap/slapd.conf の suffix で設定した値を入力して [ OK ] を選択します。
  5. ここまでの設定で、/etc/openldap/ldap.conf, /etc/pam.d/system-auth, /etc/nsswitch.conf が書き換えられ、ユーザー情報を LDAP から取得できるようになります。

実際に LDAP を参照可能か確認するには、getent コマンドを使うのが早いでしょう。

[root@centos-5 ~]# getent passwd
[root@centos-5 ~]# getent group

尚、ユーザーのホームディレクトリは、通常のユーザー登録時のように作成されない為、必要に応じて作成する必要があります。/home 内でそのユーザーのアクセス権限があるディレクトリを作成し、/etc/skel 内のファイルを全て作成したホームディレクトリへコピーします。

CentOS 5 setup コマンドを使用した LDAP 参照設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る