手当たり次第に書くんだ

飽きっぽいのは本能

CentOS 6 BOOTPROTO とは

こちらの記事も参考になります。

CentOS のネットワークインターフェイス設定には、BOOTPROTO という設定項目があり、DHCP でネットワーク設定を行う際は下記のように設定します。

BOOTPROTO=dhcp

IP アドレスを固定で割り当てる場合、または IP アドレスを割り当てない場合は、下記とするか、設定項目ごと消しても問題ありません。

ちなみに指定できるパラメータは何かというと、/etc/sysconfig/network-scripts/ifup の中身を見ると分かりますが、下記の通り bootp と dhcp だけです。bootp は今の時代で使用することは皆無と思いますので、実質 dhcp だけと考えて良いでしょう。

if [ "${BOOTPROTO}" = "bootp" -o "${BOOTPROTO}" = "dhcp" ]; then
    DYNCONFIG=true
fi

結局のところ、dhcp にしない場合は BOOTPROTO の項目ごと消すか、適当な文字列を入れておけばいいのですが、適当な文字列としては一般的に none が良さそうです。GUI, CUI のツールを使うと static となったり none となったりしますが、手動でファイルを書きかえる場合は none に統一すればいいと思います。

こちらの記事も参考になります。

CentOS 6 BOOTPROTO とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る