手当たり次第に書くんだ

CentOS8 設定マニュアル

CentOS8 systemdを使用した定期実行

目次に戻る 概要 crontabの代わりにsystemdを使用してプログラムを定期実行します。crontabも使用はできますが、systemdは時間間隔が秒単位で指定出来る等のメリットもあり、systemdが利用できる環 […]

CentOS8 英語環境から日本語環境への変更

目次に戻る 概要 英語環境でインストールしたCentOS8をインストール後に日本語環境に変更します。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用します。 SELinux 有効です。無効にする場合はこちらを参照し […]

CentOS8 外部メールサーバー構築 Postfix

目次に戻る 概要 Postfixを使用して外部向けのメールサーバーを構築します。このメールサーバーはインターネット上のメールサーバーと内部メールサーバーを中継します。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用 […]

CentOS8 LDAPサーバーとPostfixの連携 389 Directory Server

目次に戻る 概要 Postfixが参照するメールエイリアスのデータを登録します。 Linux認証に必要となる最低限の情報を登録します。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用します。 SELinux 有効で […]

CentOS8 内部メールサーバー構築 No.2 Dovecot

目次に戻る 概要 Dovecotを使用して内部向けのMRA(IMAPサーバー)を構築します。IMAPS、Sieveに対応しています。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用します。 SELinux 有効です […]

CentOS8 CentOSからCentOSへ公開鍵認証を用いたSSH接続

目次に戻る 概要 CentOSからCentOSに公開鍵認証を用いてSSHで接続します。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用します。 SELinux 有効です。無効にする場合はこちらを参照して下さい。 F […]

CentOS8 Policy Based Routing NetworkManager

目次に戻る 概要 Policy Based Routing(PBR)は特定の条件に応じて、参照するルーティングテーブルを変更できます。複数のネットワークアダプタを持つホストでは、通常は同じ宛先のルーティングを設定できませ […]

トップへ戻る