手当たり次第に書くんだ

CentOS8 Sambaに接続できない場合のトラブルシューティング

一度OKになったらほぼ触れることはないSambaの設定ですが、故にたまに作り直すとはまりやすいポイントですね。 認証 Sambaの認証はLinuxユーザーとSMBユーザー(Windowsユーザー)を管理するために少々やや […]

CentOS8 systemdを使用した定期実行

目次に戻る 概要 crontabの代わりにsystemdを使用してプログラムを定期実行します。crontabも使用はできますが、systemdは時間間隔が秒単位で指定出来る等のメリットもあり、systemdが利用できる環 […]

CentOS8 英語環境から日本語環境への変更

目次に戻る 概要 英語環境でインストールしたCentOS8をインストール後に日本語環境に変更します。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用します。 SELinux 有効です。無効にする場合はこちらを参照し […]

CentOS8 外部メールサーバー構築 Postfix

目次に戻る 概要 Postfixを使用して外部向けのメールサーバーを構築します。このメールサーバーはインターネット上のメールサーバーと内部メールサーバーを中継します。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用 […]

CentOS8 LDAPサーバーとPostfixの連携 389 Directory Server

目次に戻る 概要 Postfixが参照するメールエイリアスのデータを登録します。 Linux認証に必要となる最低限の情報を登録します。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用します。 SELinux 有効で […]

CentOS8 設定ファイルのコメント行や不要なスペースとTABを削除して最小化

設定ファイルの管理はLinuxを扱う上で必須ですが、読まないコメント行とか、作成者側が視認性の為に良かれと思って入れてくれているスペースやTABがあると、設定ファイルを更新する際の比較が面倒だったりします。大きな設定ファ […]

CentOS8 内部メールサーバー構築 No.2 Dovecot

目次に戻る 概要 Dovecotを使用して内部向けのMRA(IMAPサーバー)を構築します。IMAPS、Sieveに対応しています。 前提条件 OS CentOS Stream 8を使用します。 SELinux 有効です […]

トップへ戻る