前提条件

  • 共通設定の共通ディレクトリ作成が完了していること
  • 斜体及び下線の箇所は構成により異なる

ネットワークダイアグラム

  • 以下のネットワーク構成を使用する

/etc/sysconfig/network

[root@centos ~]# cp --parents --preserve /etc/sysconfig/network /root/initfiles # デフォルトの設定ファイルをバックアップ
[root@centos ~]# vim /etc/sysconfig/network # 設定ファイルを編集する
  • デフォルトの設定を全て削除して以下の設定とする
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
NOZEROCONF=yes
VLAN=no
HOSTNAME=server1

インターフェイス設定

[root@centos ~]# cp --parents --preserve /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /root/initfiles # デフォルトの設定ファイルをバックアップ
[root@centos ~]# vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 # 設定ファイルを編集する
  • デフォルトの設定を全て削除して以下の設定とする
  • PEERDNS=noはDHCPサーバーから割り当てられたDNSサーバーを使用しない設定となる。例えば、ルーターを介さずにISPに接続し、ISPのIPアドレス割り当て方式がDHCPである場合、デフォルトではISPから割り当てられたDNSサーバーを使用することになるが(ISPのDHCPサーバー設定は変更できないため)、内部で構築した別のDNSサーバーを使用する場合はこの設定が必要である。DHCPから割り当てられたDNSサーバーを使用する場合は、PEERDNS=yesとする
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
PEERDNS=no

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)