イントロダクション

概要

  • DHCPサーバーを構築する

対象OS

  • CentOS 6.9

対象ホスト

  • 非公開サーバー

前提条件

インストール

[root@centos ~]# yum install dhcp

設定ファイル編集

/etc/dhcp/dhcpd.conf

  • log-facilityは、syslog設定で指定しているファシリティに合わせて設定する。設定しない場合、/var/log/messagesに出力される
  • netbios-name-serversは、WINSサーバーが存在する場合のみ設定する
[root@centos ~]# cp --parents --preserve /etc/dhcp/dhcpd.conf /root/initfiles First time only
[root@centos ~]# rm -f /etc/dhcp/dhcpd.conf
[root@centos ~]# vim /etc/dhcp/dhcpd.conf

log-facility local6;
subnet 192.168.255.0 netmask 255.255.255.0 {
	option routers 192.168.255.1;
	option subnet-mask 255.255.255.0;
	option domain-name "mydomain.com";
	option domain-name-servers 192.168.255.10;
	option netbios-name-servers 192.168.255.10;
	range dynamic-bootp 192.168.255.100 192.168.255.109;
}

/etc/sysconfig/dhcpd

  • DHCPを有効にするインターフェイスを指定する。インターフェイスが1つの場合でも設定することが望ましい
[root@centos ~]# cp --parents --preserve /etc/sysconfig/dhcpd /root/initfiles First time only
[root@centos ~]# vim /etc/sysconfig/dhcpd

#DHCPDARGS=
DHCPDARGS=eth0

/etc/logrotate.d/dhcpd

[root@centos ~]# vim /etc/logrotate.d/dhcpd

/var/log/dhcpd.log {
    notifempty
    missingok
    postrotate
        /sbin/service dhcpd condrestart 2> /dev/null > /dev/null || true
    endscript
}

DHCPサーバー起動

[root@centos ~]# service dhcpd start [1]
[root@centos ~]# chkconfig dhcpd on [2]
[root@centos ~]# chkconfig dhcpd --list [3]
[root@centos ~]# sn=dhcpd && service $sn start && chkconfig $sn on && chkconfig $sn --list [1],[2],[3] One-Liner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)