基本設定

1. インストール

yumでインストールします。Webアプリケーションでよく利用されるPHPも一緒にインストールしておきます。

[root@centos ~]# yum -y install httpd php php-mbstring

2. 設定

デフォルトの設定ファイルをバックアップし、編集します。

[root@centos ~]# cp -a /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.org
[root@centos ~]# vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

下記以外はデフォルトの設定となります。

ServerTokens Prod
ServerAdmin webmaster@si1230.com
ServerName centos.si1230.com:80
ServerSignature Off
AddDefaultCharset Off

【パラメータ】

項目 内容
ServerTokens エラーページの表示にApacheのバージョンやOSの種類などを表示しない
ServerAdmin 管理者のメールアドレス
ServerName エラーページの表示に使われるホスト名
ServerSignature エラーメッセージ出力時にフッタを表示しない
AddDefaultCharset Apacheに文字コードを設定しない。HTML内の文字コード設定に従う。

3. サービスを有効にする

サービスの正常起動を確認し、自動起動を設定します。

[root@centos ~]# service httpd start
[root@centos ~]# chkconfig httpd on && chkconfig --list httpd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)