イントロダクション

Cactiを使用したリソース監視システムを構築します。現在、このようなツールはZabbixが主流です。Zabbixは、多機能なので仕事で使う分にはいいのですが、画面がゴチャついてて見た目が苦手なので、単なるリソース可視化ツールとしてはCactiの方が好きです。

また、最近のバージョン(1.1.xかな?)になってから、インストール環境のチェックが厳しくなり、MariaDB(MySQL)のパラメータが細かく指定されるようになっため、Cactiの指示に従い設定します。

前提条件

下記の手順が完了していること。

  • Webサーバー構築
  • データベースサーバー構築

設定手順

インストール

[root@centos ~]# yum install cacti

データベース設定

タイムゾーン設定

[root@centos ~]# mysql_tzinfo_to_sql /usr/share/zoneinfo | mysql -u root -p mysql

データベース作成

[root@centos ~]# mysql -u root -p
MariaDB [(none)]> create database cacti;
MariaDB [(none)]> grant all privileges on cacti.* to cactiuser@localhost identified by 'password';
MariaDB [(none)]> grant select on mysql.time_zone_name to 'cactiuser'@'localhost' identified by 'password';
MariaDB [(none)]> exit

データベース初期設定

[root@centos ~]# mysql -u cactiuser -p cacti &lt /usr/share/doc/cacti-*/cacti.sql

設定ファイル編集

/etc/my.cnf

[root@centos ~]# vim /etc/my.cnf.d/server.cnf

[mysqld]
default-time-zone = Asia/Tokyo
max_heap_table_size = 193M
max_allowed_packet = 16777216
tmp_table_size = 64M
join_buffer_size = 64M
innodb_file_per_table = ON
innodb_buffer_pool_size = 965M
innodb_doublewrite = OFF
innodb_additional_mem_pool_size = 80M
innodb_flush_log_at_trx_commit = 2

/etc/php.ini

[root@centos ~]# vim /etc/php.ini

;date.timezone =
date.timezone = 'Asia/Tokyo'

/etc/cacti/db.php

[root@centos ~]# vim /etc/cacti/db.php

#$database_password = 'cactiuser';
$database_password = "password";

/etc/cron.d/cacti

[root@centos ~]# vim /etc/cron.d/cacti

#*/5 * * * *    cacti   /usr/bin/php /usr/share/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1
*/5 * * * *    cacti   /usr/bin/php /usr/share/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1

/etc/httpd/conf.d/cacti.conf

[root@centos ~]# vim /etc/httpd/conf.d/cacti.conf

Alias /cacti    /usr/share/cacti

<Directory /usr/share/cacti/>
        <IfModule mod_authz_core.c>
                # httpd 2.4
                Require host localhost
                Require ip xxx.xxx.xxx.xxx/xx
        </IfModule>
        <IfModule !mod_authz_core.c>
                # httpd 2.2
                Order deny,allow
                Deny from all
                Allow from localhost
        </IfModule>
</Directory>

サービス再起動

[root@centos ~]# systemctl restart mariadb
[root@centos ~]# systemctl restart httpd

Cactiへのアクセス

下記へアクセスすると、初回はCactiのインストーラが起動し、環境のチェックが入ります。インストーラーの指示に従って、設定を変更してください。

http://xxx.xxx.xxx.xxx/cacti/

目次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)